ヘッダー

暇な時間でデータ入力でお金を稼ぐ

最近だと自宅に居ながら出来るデータ入力という職種が非常に人気です。 そんな記事作成の仕事ですが、初めての職種でどうすればいいかわからないと言う人は多いでしょう。 なので、この記事で簡単に効率よくやる方法をご紹介したいと思います。 さて、一口に副業の在宅データ入力といっても色々な種類があります。 実際には今回はライティングに絞って話をしましょう。 ライティングとはサイトに登録し、そのサイト内で募集のかかっている案件を選び、サラリーマンもその案件の条件に従い記事をここでは書くことです。 そして一つ一つの案件の単価は低めですが、短い時間で気軽に出来る事と、クライアントとの会話などを省略出来るのが一番の魅力です。 さて、このライティングですが慣れれば三〇〇文字程度のものなら一〇分程度です。 このように文字数の多い一〇〇〇文字超えの案件でも三〇分かからずにです。 全てを終わらせる事が出来ますので、結局はやはり、ここでは早く終わらせるのには、これが当然のことながら慣れもありますが、これにはコツというのも存在します。 では、現状ではこれの場合そのコツとはどういったものなのでしょうか。

データ入力は苦手な人には疲れる仕事

情報収集や構成能力が不可欠なデータ入力

まず一つに、自分が興味のある案件を探すというデータ入力があります。 副業の案件は特定のキーワードに対して説明をするという方式をとられる事が多いのです。 しかし自分の知らない自然流入のキーワードのことを箇条書きに書くのは非常に大変です。 ですが、自分の趣味のこと、興味のあることに関してなら、自分が持っている知識があります。 あるいはネットで情報収集をして書く内容については特別困らないはずです。 好きこそものの上手なれで簡単に記事が書けますね。 さて、書く案件が決まったのなら次はタイトルです。 指定されたキーワードを含み、尚且つ指定された文字数でタイトルを付けなくてはいけません。 理想は、そのタイトルを見た人が一目で内容がわかるような明快なタイトルがここでは好ましいです。 ですが、「○○の○○について~」といった安直過ぎるタイトルは避けた方がいいでしょう。 サイトによっては「○○の○○について~」というタイトルは禁止と明言してるのです。 ここでは一般のサラリーマンは注意しておきましょう。 タイトルが決まったのなら、次は本文です。 ですが、その前に案件によっては概要を書かなくてはいけない場合もあります。 概要というのは簡単に言えば、データ入力本文で言いたい事を簡潔に短く解り易くまとめたもののことを言います。 要約文を書くコツは、要点を短く繋げることです。 要点をそのまま書くのではなく、言いたい事だけを残すようにしていきましょう。 そして削っていきスマートにしていくことが大切です。 あとは、書いた順序どおりに要点を繋げていくとスムーズな流れになるので読みやすくなりますね。

決して誰にでもできる内容ではない内容になっている


オリジナルなコンテンツが求められるデータ入力

そして、データ入力もいよいよ本文です。 キーワードを見て、いきなり書ける人は少ないと思います。 ですが大丈夫です。 順序立てて考えればすごく簡単になります。 ポイントは「誰が」「誰に」「何について」「何のために」を決めることです。 「誰が」は「自分自身」が一番わかりやすいですね。 自分の体験談を交えて本文を書くというのは最もポピュラーな手法の一つです。 「誰に」というのは読んでもらう人を想定して書く事です。 この記事の場合ならば、副業に在宅データ入力を初めてする若いサラリーマンを対象としていますね。 「何について」についてですが、これは「テーマ」と更に言い換えてもいいかもしれません。 もっとわかりやすく言えば何を伝えたいか、ですね。 この記事の場合は、初心者の人にもわかる、わかりやすい記事の書き方ですね。 「何のために」ですが、これは受け手にどういった反応をしてもらいたいかです。 例えば、感動して欲しいとか、理解してもらう、あるいは行動を起こしてもらうといったものです。

思っている以上に難しいデータ入力


週末起業

おすすめ

ネットビジネス

TOP

サブコンテンツ

失敗しないポイントとは

プロフィール画像

この記事の場合は、書き方を理解してもらうことですね。 この四つを抑えれば本文も簡単に書けるはずです。 皆さんも、副業としての在宅データ入力、効率よく簡単に書いてみてください。

このページの先頭へ